リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

サービス
3Dスキャン

リバースエンジニアリング.comではハイエンドクラスの非接触光学式3Dスキャナー(ATOSⅡ Triple Scan)を使用した3Dスキャンサービスを行っております。

3Dscan
  • ノギスや接触式3次元測定機では
    測れない製品を測定したい
  • 図面がない現物
    3Dデータ化したい
  • 手加工品・手加工
    修正した物を3Dデータ化したい
  • 設計CADデータと
    現物を比較検査したい
  • 2つ以上の現物を
    比較検査したい
  • 解析用に現物の
    3Dデータがほしい
  • 内部構造を測定したい
お問合せ女性イメージ

リバースエンジニアリング.comなら
現物を素早くデータ化いたします

3Dスキャンサービスの特徴

特徴1

3Dスキャンだけなら最短『即日』納品OK!

最短「即日」納品

3Dスキャンのみでしたら最短で『即日』納品に対応いたします。
短納期でもご対応可能ですので是非一度お問合せください。

特徴2

ハイエンドクラスの3Dスキャナーで複雑な幾何形状への3Dスキャンにも対応します

非接触光学式3Dスキャナー

当社で使用するハイエンドクラスの
非接触光学式3Dスキャナー(ATOSⅡ Triple Scan)は、
縦縞パターンに加え、横縞パターンも同時に照射すること
でタービンブレード・鋳造品・射出成型品のような
複雑な特徴の形状や深い溝がある部品も素早く高精細に
データ化します。

※透明なもの、生き物は対応できません。また、光沢があるものはミクロチェック(白いパウダースプレー)を塗布した上でスキャンする場合がございます。木や樹脂などは変色する場合がありますので対応できかねる場合もございますので予めご了承くださいませ。

納品可能ファイル形式
STL・OBJ

※STEP・IGES・Parasolid(x_t)への変換にも対応しております。詳しくは3DCADデータ化ページをご覧ください。

特徴3

3DCADデータ化・比較検査にも対応いたします

3DCADデータへ変換

STL・OBJでの納品はもちろん、
当社にて3Dスキャンデータを3DCADデータへ変換して
納品することも可能です。

リバースエンジニアリング.comを運営する水谷製作所では
型製作も行っており、そのノウハウを活かし、
お客様とお打合せの上、実際に工場で加工製造しやすい
CADデータに加工してお渡しすることもできます。

また、3Dスキャンデータを利用した製品の寸法測定や
比較検査にも対応しております。

特徴4

移動が難しいものなら、出張測定いたします

出張による3Dスキャンサービス

移動が難しい大型の物などは出張による3Dスキャン
サービスを行っております。

全国対応しておりますのでお気軽にお問合せください。
比較検査にも対応しております。

※大阪から車で移動できる場所に限ります。
※大型の場合、小さなものに比べて測定精度が落ちますので予めご了承くださいませ。

特徴5

3Dデータのプロが3Dスキャンデータを活用方法に応じた最適なデータに加工して納品

最適な3Dスキャン方法、データ化のご提案をいたします。

お客様のご要望に応じて、最適な3Dスキャン方法、
データ化のご提案をいたします。

その後の活用方法に応じて、データの修正も行えます。

場合によってはスキャンしたSTLのデータ形式のまま
専用ソフトで部品の不要な凹凸などの形状を
補正することも可能です。

3Dスキャンサービス活用事例

CASE1
3Dスキャナーを使った三次元測定で製品の寸法を検査

3Dスキャナーを使った三次元測定で製品の寸法を検査
材質
アルミ鋳物
サイズ
約380×530×130mm
納品データ
PDF、エクセルデータ
納期
実作業1日間

鋳物を製造されているメーカー様から、3Dスキャナーを使って三次元測定を行い、仕上がった製品の寸法を検査してほしいとご依頼がありました。納期は3日後というかなり急ぎの案件でしたが、光学式3Dスキャナーの大きなメリットの1つである”早さ”を活かして、実作業1日間で寸法検査報告書(カラーマップ)を納品し、製品の納期に間に合わせることが出来ました。

CASE2
石膏で手作りした部品を3DスキャンしSTLデータを作成

石膏で手作りした部品を3DスキャンしSTLデータを作成
材質
石膏
サイズ
約50×30×30mm
納品データ
STLデータ
納期
実作業1日間

機械メーカー様が生産ラインで使用する部品を3Dプリンターで製作するためのデータを作成。石膏で手作りされた見本品を3Dスキャンし、その後手作りのために生じてしまった凸凹などを専用ソフトで加工し、STLデータで納品しました。

CASE3
組立部品を3次元測定して図面と比較検査

組立部品を3次元測定して図面と比較検査
材質
SUS(ステンレス鋼)、アルミなど
サイズ
約100×100×150mm
納品データ
カラーマップレポート(PDF)
納期
実作業1日間

食品系の機械メーカー様から、部品の設計図面と組み立て後の現物に、一体どれくらいズレがあるのかを調査するため、3次元測定(3Dスキャン)による組み立て部品の比較検査のご依頼をいただきました。
3Dの完成図面は持っておられたため、3Dの完成図面を基本として、現物との偏差をカラーで表すカラーマップレポートの作成をご提案させていただき、組み立て部品の偏差が大きい箇所に、“プラスマイナスでこのくらいズレています”ということが分かるよう、数値も記入して、PDF形式で納品させていただきました。

CASE4
3Dスキャナーを使った医療機械用部品の精度検査

3Dスキャナーを使った医療機械用部品の精度検査
材質
アルミ
サイズ
約150×Φ120mm
納品データ
エクセル
納期
実作業1日間

医療・健康機器メーカー様より医療機械用部品の精度検査のご依頼をいただきました。 実物を、光学式3Dスキャナーを使ってスキャニングし、お客様から提供いただいた3Dの設計図との差異を調査。当初結果は「カラーマップで提出してほしい」とのことでしたが、断面偏差をテキストにして提出するほうが、分かりやすいのではないかと提案し、断面偏差を記載したエクセルデータで提出いたしました。

CASE5
対になる部品の篏合公差を3Dスキャナーで検査

対になる部品の篏合公差を3Dスキャナーで検査
材質
サイズ
最大Φ100×400mm
納品データ
PDF(カラーマップ)、エクセルデータ
納期
実作業2日間

機械部品メーカー様より凹凸が噛み合わない部品に、嵌合公差以上のズレが無いか検査してほしいとのご要望がありました。光が届きにくい凹部品の溝幅の寸法は、部品の両側から試行錯誤して、お客様から指定された箇所を全て3Dスキャナーで測定しました。
ご提供いただいた部品の設計図面(3DCADデータ)と測定データを比較して、寸法のズレが色の変化で確認できるカラーマップ(PDF形式)を作成し、指定箇所ごとの寸法の詳細はエクセルデータにまとめました。

3DCADデータでの納品事例は3DCADデータ化ページをご覧ください。

3Dスキャンのことならお気軽にお問合せください

お問合せイメージ

TEL06-6782-4245

受付時間 10:00~18:00(定休日 土日祝日)

経営会議ドットコム