リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

サービス
3DCADデータ化
(リバースエンジニアリング・リバースモデリング)

リバースエンジニアリング.comでは
ハイエンドクラスの非接触光学式3Dスキャナーで
スキャンした3Dデータを、
活用しやすい3DCADデータへ変換する
サービスを行っております。
また、寸法測定・比較検査も行っております。

3DCADデータ化
  • 図面がない現物
    3Dデータ化したい
  • 手加工品・手加工
    修正した物を3Dデータ化したい
  • 貴重な造形物
    3Dデータとして残しておきたい
お問合せ女性イメージ

リバースエンジニアリング.comなら
現物を素早くデータ化いたします

当社の3DCADデータ化サービスの特徴

特徴1

短納期でもお任せください!丁寧で素早く3DCADデータ化いたします

短納期でもお任せください!丁寧で素早く3DCADデータ化いたします

リバースエンジニアリングでは、短納期に対応できる技術力がございます。

スキャン後素早く3DCADデータに変換し、納品いたします。

複雑なものでなければ最短2日で納品可能です。

特徴2

現場で加工製造しやすい面構成を心がけた3DCADデータを納品します

現場で加工製造しやすい面構成を心がけた3DCADデータを納品します

リバースエンジニアリング.comを運営する株式会社水谷製作所は型製造を行っております。

お客様とご相談の上、現場のノウハウを活かし、3Dスキャンデータを工場で加工製造しやすい3DCADデータで納品いたします。
現場のことをよく理解している当社だからこそできるサービスです。

納品可能ファイル形式
STEP・IGES・Parasolid(x_t)

特徴3

3DCADデータ化だけでなく、当社にて加工品製造も行えます

3DCADデータ化だけでなく、当社にて加工品製造も行えます

3Dスキャンデータを3DCADデータ化するだけでなく、3DCADデータから当社にて加工品を製造することも可能です。

金属・樹脂の切削品、金属・樹脂の3Dプリンター、注型品などに対応いたします。

3DCADデータ化サービス活用事例

CASE1図面が残っていなかった機械部品を3DCADデータ化

図面が残っていなかった機械部品を3DCADデータ化
材質
石膏
サイズ
約50×30×30mm
納品データ
STL
納期
実働1日間

機械メーカー様から図面が残っていない鋳造製の古い機械部品の再生産がかかったため、部品の3DCADデータ化のご依頼を頂きました。ねじ穴が複数ある複雑な形状で、穴がずれると使い物にならない部品のため、データ上でも正しく穴の位置が取れているかに重点を置き、スキャン後3DCADデータ化を行いました。

CASE2バイクエンジン部品の3DCADデータ化

バイクエンジン部品の3DCADデータ化
材質
アルミ
サイズ
約200×200×40mm
納品データ
STEP
納期
実作業2日間

バイクの部品メーカー様より、新しいバイク部品の製品開発にあたり、部品の純正品の形状や取り付けボルト位置のデータを取って参考にしたいというご依頼です。凹凸のある純正部品を3Dスキャンした後、そのスキャンデータを基にリバースモデリングで3DCADデータ化をする際に、凹凸のある部分は綺麗な面になるようデータを編集しました。

CASE3金属部品の3DCAD化事例

金属部品の3DCAD化事例
材質
サイズ
約100×120×150mm
納品データ
IGES
納期
実作業1日間

電気製品メーカー様から、金属部品(プレス加工)の再生産にあたり、部品の金型を紛失してしまっている事が判明したため3DCAD化のご依頼をいただきました。かなり予算を重視されていましたので、重要部だけの測定やデータ化をシビアに行い、そうでない部分は部品の使用に影響が無い程度に簡略化することをご提案し、当初の予算の75パーセントくらいまで、値段を安くすることが出来ました。

CASE4横幅2mの大型部品を3DCAD化

3Dスキャナーを使った医療機械用部品の精度検査
材質
サイズ
約300×2000×300mm
納品データ
IGES、STEP
納期
実作業10日間

製造業のお客様から、設計図面がなく現物1つしかないという部品を量産したいということで寸法は約300×2000×300mmもある大型部品の3DCAD化のご依頼をいただきました。
非接触型の光学式3Dスキャナーを用い、部品を動かしてスキャニングするのではなく、3Dスキャナーを動かして、多方面からのデータの取得を試み、お客様のご要望の期日内(実作業10日間)に3DCADデータを納品することが出来ました。

CASE5修理用部品を製作するために3Dスキャナーで既存部品をCADデータ化

対になる部品の篏合公差を3Dスキャナーで検査
材質
サイズ
約Φ50×300mm(最大)
納品データ
DXF
納期
3Dスキャン4時間、
3Dモデリング3日間

金属部品の製造ライン上で使用されている機器の生産メーカーが現在はもう無いとのことで「予備の修理用部品もないならば、新しく作るしかない!」と金属部品メーカー様から3Dスキャナーを使った修理用部品のCADデータ化のご依頼をいただきました。
数十点の部品の中からノギスで測れないものだけ3Dスキャンすることで、ラインを止めることなく3Dスキャンを成功させました。

3Dスキャンサービスについてはこちらをご覧ください。

3DCADデータ化のことならお気軽にお問合せください

お問合せイメージ

TEL06-6782-4245

受付時間 10:00~18:00(定休日 土日祝日)

経営会議ドットコム