リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

マニュアルモデリング補正の難しいフィギュアをフリーフォームで補正し3DCADデータ化

キャラクターフィギュア

基本情報

地域:
大阪府
業種:
試作モデルメーカー
サイズ:
150×100×80mm
材質:
石膏
納期:
実働2日間
納品データ形式:
IGES、STEP

大阪府にある試作モデルメーカー様より依頼をいただいて行った、フリーフォームを採用した、フィギュアの3DCADデータ化の事例です。

「石膏の手作りフィギュアの凹凸を補正してデータ化したい」とのご要望

試作モデルメーカー様のもとに、先のお客様から、石膏で手作りしたオリジナルキャラクターフィギュアの持ち込みがあったことが、今回の依頼の発端です。

先のお客様は、「手作りしたフィギュアの原型と同じ物を、樹脂でキレイに作ってほしい」と希望されたそうです。

手作りの原型を、さらにブラッシュアップしたサンプルフィギュアが欲しかった、ということだと思います。

試作モデルメーカー様は、まず「現物のキャラクターフィギュアの原型を3Dスキャンして、それをそのままオートモデリングで3DCADデータ化すれば、機械加工に入れるかな?」とイメージされたそうですが、実際に現物をよく見てみると、手作りであるがゆえに、指の形などの凹凸が目立っていたそうです。

そのため、スキャンデータをそのままオートモデリングで変換してもキレイな形状の3DCADデータは上がってこないだろうと判断され、対応可能かどうか、当社まで相談に来られました。

試作メーカー様は、「クオリティの高い樹脂製サンプルを作るために、不要な凹凸が目立つ原型のスキャンデータをキレイに補正し、キレイな3DCADデータが欲しいです」とご要望されました。

それで、以下のようなご提案をさせていただき、採用に至ったのです。

フリーフォームでSTLデータを細かく補正

有機形状(曲面で構成されている)で、手作りゆえの凹凸も目立つキャラクターフィギュアには、ある種”感覚的”に補正を行えることが特長のフリーフォームを取り入れることを提案し、採用していただきました。

モデリング完了までの作業の工程は、次のようなイメージです。

  1. 光学式3Dスキャナーで現物をスキャンし、STLデータを取得
  2. STLデータをフリーフォームに取りこみ、表面の凹凸などをキレイな形状に補正
  3. 補正データをオートモデリング処理で3DCADデータ化

データの修正ができなくなるオートモデリング処理の前に、フリーフォームの工程が入ります。

マニュアルモデリングが苦手な有機形状を滑らかに補正できるのがフリーフォーム

「データをキレイに補正するのであれば、STLデータのマニュアルモデリングでいいのでは?」と思うかもしれませんが、実はマニュアルモデリングは万能というわけではありません。苦手とする形状があるのです。

その苦手な形状こそが、今回、先のお客様より持ち込みがあったようなキャラクターフィギュアのような有機形状です。

構成される面数が非常に多くなり、それを細かく調整するのに大変な技術力が要る……というより、技術的には可能でも、調整にかなりの時間がかかり、費用が膨大にかかってしまいます。

そんな時に役に立つのが、フリーフォームの技術です。

文面で説明するのは難しいのですが、モデルの頂点・面・エッジなどを、ペンタブのようなもので自在に編集し、ダイレクトに補正することが可能なのです。

感覚的な手直しを得意とする技術者が社内におり、その者にフリーフォーム作業を任せています。

マニュアルモデリングによるデータの補正を技術的な補正と言うのならば、フリーフォームによるデータの補正は芸術的な補正と言うところになるのでしょうか。

要は、曲面続きでマニュアルモデリング補正が難しい形状であっても、フリーフォームなら繊細な補正が行えるということです。

フリーフォームで補正したデータをオートモデリングで3DCADデータに変換して納品

フリーフォームで補正したデータは、そのままオートモデリング処理にまわして、3DCADデータに変換しました。

持ち込みされたキャラクターフィギュアにあるような、不要な凹凸はすっかり補正され、キレイな形状の3DCADデータに仕上げることができました。

作業時間は、実働2日間でした。

水谷製作所では、対象となる現物の形状や、データの用途に合わせて、的確な作業を提案させていただきます。

3DCADデータ化に関してお困りのことがございましたら、まずは何でもお問い合わせください。

フリーフォームを採用したフィギュアの3DCADデータ化なら水谷製作所まで!