リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

レーザースキャナーで3D測定できない時の外注先として利用いただいた事例

3D測定 外注

基本情報

地域:
兵庫県
業種:
プラスチック成型品・金型メーカー
サイズ:
200×300×250 mm
材質:
プラスチック
納期:
実作業1日間
納品データ形式:
STLデータ

兵庫県の、プラスチック成型品や金型を製作されているメーカー様から、3D測定のご依頼をいただきました。

「生産しているプラスチック製品の、品質検査を行うために精度の良いSTLデータが欲しい」との事でした。

レーザー式の3Dスキャナーでは3D測定できなかったため、違う種類の3Dスキャナーを持つ会社に外注しようと思われた

メーカー様の方では、レーザー式の3Dスキャナーを所持しておられました。

そのため通常なら、プラスチック製品の品質検査業務も、自社で行うことができるはずなのですが、今回検査の対象となるプラスチック部品を、スキャニングしてみたところ、なぜかうまくいかなかったそうです。

お客様が使用されているレーザー式の3Dスキャナーは、測定物の形状によっては、レーザー反射がうまくいかず、きちんとスキャンデータを取ることができないこともあります。

今回のプラスチック部品は、部品の真ん中に向かって大きく窪みがある”すりばち”のような形状で、窪みの中心にはギザギザがありました。

このギザギザのあたりのスキャンデータが、うまく取得できなかったそうです。

そこで、水谷製作所のもつ非接触型光学式3Dスキャナーでの3D測定を試してみることになりました。

非接触型光学式3Dスキャナーを活用し、プラスチック部品を3D測定

水谷製作所の所持している3Dスキャナーは、非接触光学式で格子投影型の3Dスキャナーです。

お客様の会社で所持しているレーザー式の3Dスキャナーに比べて、若干精度は落ちてしまうのですが、今回お持ち込みいただいた部品のように、すりばち状の複雑な形状の部品でも、問題なく3D測定を行うことができます。

そして、非接触光学式の3Dスキャナーは、レーザー式の3Dスキャナーと比べると、データ取得にかかる時間が短いこともポイントです。(具体的にどのくらい短くなるのかは、ケースバイケースではあります)

非接触型光学式3Dスキャナーで、すりばち状のプラスチック部分の一部分を試し撮り(1shot)し、お客様に試し撮りスキャンデータを確認していただいたところ、「精度に問題はありませんので、これで3D測定を進めてもらって大丈夫です!」と判断をいただきました。

実作業1日間で、STLデータを納品

その後、本格的に非接触型光学式3Dスキャナーを活用した3D測定の作業に入り、スキャンデータをもとにSTLデータを作成し、実作業1日間でお客様に納品しました。

STLデータを元に、プラスチック部品の品質検査を進めていくそうです。

非接触型光学式3Dスキャナーも、大分製造業界に出回ってはきましたが、高精度な物にはまだまだ高額な物も多く、気軽に導入できるというわけではありません。

新製品開発の時だけに、3D測定をして品質検査を行うという場合(たまにしか使わない)は、採算が取れないことも多いでしょう。

今回の事例のように「自社の設備では、ある部品の3D測定がうまくできないので、どこかに外注したい」とお考えでしたら、ぜひ1度お問い合わせいただければと思います。

3D測定を外注するなら、水谷製作所まで!