リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

お菓子の容器のサンプルを製作するための3Dスキャン 大阪

お菓子 容器

基本情報

地域:
大阪府
業種:
サンプル品メーカー
サイズ:
約200×200×150mm
材質:
PP(ポリプロピレン)
納期:
実作業2日間
納品データ形式:
x_t 、STEP、3DPDF

大阪府のサンプル品メーカー様から、3Dスキャンのご依頼をいただきました。

サンプル品メーカー様の方に、お菓子の容器が持ち込まれたそうで、「これと見た目がほとんど同じ、サンプルの製作をお願いいたします」とご依頼があったそうです。

(こちらは、版権的に問題のあるものではございません。)

お菓子の容器は、全体的に丸みを帯びたデザインで、飾りもところどころ付いていたので、ノギスなどを使ったアナログの測定方法では、サンプル製作用の図面を作ることが出来なかったとのことでした。

3Dスキャンの後、オリジナル容器の凹みを編集で修正

サンプル品メーカー様から、お持ち込みいただいたお菓子のオリジナル容器を3Dスキャンした後、マニュアル手法で3DCADデータ化しています。

「とにかく見た目が類似していることが重視で、見た目に影響がなければ、細かい部分の寸法は分からなくてもいいです」と仰られていたので、オートサーフェス手法を使うことも検討できましたが、今回は「後から、3DCADデータを編集する可能性があります」と仰られていたので、マニュアル手法による3DCADデータ化を採用しました。

オリジナルのお菓子の容器は、ところどころ製造上の凹みが見られましたが、サンプル品を同じように凹ませる必要はもちろんないので、3Dスキャンで取得したデータをモデリングする段階で、元の形状をくずさない程度に、キレイにならして修正しています。

3DCADデータと、確認提示用の3DPDFデータを納品

リバースモデリングの後、3DCADデータ2種類(内容は同じ)と、3DPDFデータを納品しました。

3DPDFは、編集は行えませんが、回転させるなどして立体的に形状の確認ができる画像データで、サンプルメーカー様の先のお客様に確認提示するために、必要なものです。

「こんな感じでサンプルが仕上がる予定ですが、デザイン的に何か問題はありませんか?」と、確認していただくためのものです。

その後、3DPDFデータを確認していただいた、先のお客様からご了承をいただき、サンプル品メーカー様は、お菓子の容器のサンプル製作に取りかかられたそうです。

今回のケースのように、3Dスキャンの技術を活用すれば、アナログ機器では測定の難しい形状の容器や部品のサンプル作りも、スムーズに行えるかと思います。

3Dスキャンなら、複雑な形状でも、見た目が実物とそっくりな3DCADデータが作成できますので、サンプル製作に伴う図面の作成でお困りの際はぜひ、水谷製作所までお問い合わせください!

大阪のサンプル製作のための3Dスキャンなら水谷製作所まで!