リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

横幅2mの大型部品を3DCAD化 大阪の製造業者からの依頼

エンジン部品 イメージ

基本情報

地域:
大阪府
業種:
製造業
サイズ:
約300×2000×300mm
材質:
納期:
実作業10日間
納品データ形式:
IGES、STEP

大阪府の製造業を営むお客様から、大型部品の3DCAD化のご依頼をいただきました。

設計図面を紛失しており、現物1つしかないという部品を量産したいということで、弊社までお持ち込みいただいたのですが、その部品がかなり大きく、寸法は約300×2000×300mmもありました。

また、部品は鉄で出来ており、約30kgの重さがありました。

部品は曲面が多く形状も極めて複雑で、ノギスなどを使った手作業では、とても測定できそうにありませんでした。

プローブ式(接触式)の3Dスキャナーを用いたとしても、測定だけで丸1日はかかってしまいます。

そこで今回は、大型部品であってもできるだけ早く3DCAD化を行える、非接触型の光学式3Dスキャナーを用いました。

大型部品は多方向に3Dスキャナーを移動させスキャニング

今回お持ち込みいただいた部品は、横幅が2mと大きく重量もあったので、部品を動かしてスキャニングするのではなく、3Dスキャナーを動かして、多方面からのデータの取得を試みました。

先述したように、部品の形状が複雑で面数が多かったのですが、位置決めのシール貼りなどの、スキャニングの準備も含めて2時間程度で測定を行う事ができました。

ここから更に9日程かけて、スキャンデータのモデリングを行いました。

実作業10日間で、大型部品の3DCAD化が完了

大型部品の1つ1つの曲面や、エッジなどを表現することに苦労しましたが、何とかお客様のご要望の期日内(実作業10日間)に3DCADデータを納品することが出来ました。

今回の事例のように、部品が大型かつ極めて複雑な形状をしている場合は、3DCADデータの納品まで10日前後お時間をいただきますが、大型部品でも形状が単純な場合は、もう少し納期を短く出来る可能性もあります。

ちなみに、3Dスキャンを行う部品が大きければ大きいほど、後から修正の出来ない、微細な誤差が生まれてしまうのですが、今回のお客様は、「大型部品の外形が分かれば良く、3DCADデータそのものの精度は、それほどシビアでなくても良いです」と仰られていました。

具体的には、1mにつき1mmの寸法誤差が許容できる部品である場合、大型の部品でも問題なく、水谷製作所が持つ非接触型光学式スキャナーで、3Dスキャンが行えます。

(大型部品でも、1mにつき1mm以内の寸法誤差に抑えなくてはいけないという場合は、大型部品専門の3Dスキャナーが必要です。)

「大型部品を3DCAD化出来なくて困っている!」という場合は、まずはお気軽に水谷製作所までお問い合わせください。

大型部品の3DCAD化なら水谷製作所まで!