リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

図面が残っていなかった機械部品を3DCADデータ化

基本情報

地域:
大阪府
業種:
機械メーカー
サイズ:
110×300×35 mm
材質:
金属
納期:
実作業1日
納品データ形式:
IGES 、X_T(パラソリッド)

再生産したいけど図面のない部品の3DCADデータ化

大阪府にある某機械メーカー様から、機械部品の3DCAD化のご依頼を頂きました。現在はもう製造を行っていない鋳造製の古い機械部品に、再生産がかかりましたが、図面が残っていなかったとのことです

採寸しようと思っても、形が複雑なのでノギスなどのアナログ測定機では細部の測定が困難であり、同じ部品を作製することが難しい状況でした。

そこで今回は、現存している機械の部品を3Dスキャンして、再生産を行うために3DCADデータへの変換を行いました。

部品の穴部分の寸法を正確に測定

再生産のかかった機械部品は、ある機械の他の部品と連結させるために必要なものでした。ですので、いろいろな方向にネジなどを取り付けるための穴が4~5個開けられていましたが、こういった細かい穴も、アナログで測定するのは手間がかかります。

今回ご依頼を頂いた機械部品の場合は、このネジの取り付け穴の位置が1番重要で、穴の位置がズレていると機械に部品が固定できず、使い物にならなくなってしまいます。

ですので、部品表面のなめらかさなどの見た目に関わる細かい精度よりは、既存の部品(3Dスキャンにかけた部品)と比較して、データ上でもちゃんと正しく穴の位置が取れているかどうかに重点をおいて、3DCADデータ化をさせて頂きました。

他のお客様からのご依頼でもそうなのですが、機械部品の再生産の後に不具合が出ることがないように、取り付け穴の位置は特に十分なチェックを行って作業を進めていきました。

郵送で送っていただいた機械部品を3Dスキャンし、3DCADデータへの変換を行い納品するまでの実作業時間は1日です。お作りした3DCADデータは、お客様が使用されているパソコンのソフトによってはデータが閲覧できない可能性を考慮して、IGES形式とX_T(パラソリッド)形式の2種類の形式で納品しました。中身のデータは同じものです。

3DCADデータを受け取られた後は、機械メーカー様の方で、無事に機械部品の再生産に取りかかられたそうです。

今回のケースのように、「自社で生産をしなくなった機械部品を再生産したい、だけど参考にするための図面が残っていないので困っている」という場合には、立体的で正確なデータが計測できる3DCAD化はオススメです。ぜひ1度ご相談下さい!

機械部品の3DCAD化なら水谷製作所まで!