リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

破損したプレス金型を3DスキャンでCADデータ化

イメージ画像

基本情報

地域:
大阪府
業種:
プレス金型メーカー
サイズ:
約200×200×100mm
材質:
納期:
1日間
納品データ形式:
IGES

図面の無い破損したプレス金型を即日CADデータ化

大阪府の某プレス金型メーカー様からのご依頼です。自動車メーカー様から「自動車の部品(プレス加工)を製造するために必要なプレス金型の一部が破損してしまった」と、プレス金型の作り直しが出来るかどうか依頼を受けられたことの事です。

プレス金型は鉄製で、サイズは約200×200×100mmでした。それほど複雑な形ではありませんが、金型の約4分の1ほど欠けてしまっていました。このプレス金型がないとプレス加工機械を稼働させることが出来ず、生産に影響があるということで、特に「急ぎでCADデータ化をお願いします」とのご要望でした。

作業日の朝、弊社まで直接割れたプレス金型をお持ち込み頂き、簡単な打ち合わせを行った後、すぐに3Dスキャナーを用いた測定を行いました。幸いデータ編集の調整が必要なほど複雑な形状ではなかったので、スムーズに3DCADデータ化することができ、その日の夕方にはお客様の会社にメールでIGES形式のCADデータを納品させていただく事が出来ました。

データ納品後、3DスキャンでCADデータ化した破損箇所以外のプレス金型から、破損箇所の形を想定し、お客様の方で何とかプレス金型の作り直しを行ったそうです。

図面の無い部品のバックアップも3Dスキャンにお任せ!

今回のケースのように、破損してしまった製品や機械の部品の作り直しの参考にするために、急ぎで3Dスキャンを依頼されることはよくあります。

とても複雑な部品ですと、リバースモデリングの際、自由曲面の調整などで時間がかかってしまうこともありますが、簡単な形の部品でしたら直接お持ち込み頂いた場合、そのまま打ち合わせをして半日ほどで納品出来ることもあります。

また、製品や部品が壊れる前に、正確な形のデータを残しておきたいという、いわゆるバックアップ目的で、3Dスキャンのご依頼を頂くこともあります。

古くて図面やCADデータがなく、生産が終了しているなどして希少な製品や部品のデータをあらかじめ取っておいて、いざ壊れた時に直ちに対応を行えるようにするためです。

あらかじめ3Dスキャンによる測定を行う場合は、納期を焦る必要はないと思いますので、複雑な形状の部品は丁寧に3Dデータ化させていただきます。

もちろん、製造ラインに影響が出る場合など、お急ぎのご相談もお受けしております。

3Dスキャンによるデータ作成は水谷製作所まで!