リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

クラックが入った鋳造品(金型)をクラックなしで3Dデータ化

クラック 部品 イメージ

基本情報

地域:
広島県
業種:
部品メーカー
サイズ:
300×200×400mm
材質:
アルミ鋳造品
納期:
実働2日間
納品データ形式:
IGES、STEP、鋳造品(金型)

広島県の部品メーカー様より、「クラックが入ってしまったアルミ製の鋳造品(金型)を3Dデータ化してほしい!」と依頼がありました。

応急的な修理を繰り返してきた鋳造品だが、さすがに老朽化してきたので作り直すことに

お持ち込みいただいたアルミの鋳造品(金型)は、目で見て分かる大きさのクラックが複数入っている状態でした。

これまでも何度かクラックが入ってしまうことがあったそうですが、そのたびに溶接などで補修して、使えるようにしてきたそうです。

しかし、長年使い続けてきた鋳造品の劣化は進んでいて、クラックも起こりやすくなってしまっているので、現物を元に、新しい物を作り直すことに決まったそうです。

鋳造品はかなり前に作られたもので、設計図面や製造に必要な原型は、残っていないそうでした。

そこで今回、リバースモデリングの技術を使って、クラックが入っている鋳造品を複製することになりました。

3Dスキャナーで取得したSTLデータにはクラックが反映される

光学式の3Dスキャナーで取得した3Dデータ(STLデータ)には、クラックがそのまま反映されます。

もちろん、新しく製作する金型にクラックは必要ないので、後から行うモデリングの段階で、このクラックは度外視し、最終データとして提出することになります。

クラックは消しつつ、現物の形状・寸法に忠実にマニュアル3Dデータ化

3Dモデリング(マニュアル形式)の段階で、STLデータに反映されているクラックはすべて消し(クラックを無視して、最終データには反映させないというイメージ)、3Dデータ化しました。

今回のようなクラックでは無く、「部品が一部割れ落ちて、破片はどこかにいってしまった」という場合など、欠損箇所があまりにも大きいと、元の形状が正確に分からない限り、”完全に元通り”という訳にはいきません。

しかし、割れ落ちた部分の形状について、しっかりと指示を頂ければ、ある程度それに近い形状・寸法でモデリングした3Dデータをお渡しすることが可能です。

また今回は、水谷製作所が金型の製作も取り扱っていることから、作成した3Dデータをもとに金型を製作するところまでお任せいただきました。

「あちこちに発注をかけると、やりとりが面倒! 納期や費用が余計にかかりそう!」と考えられている場合、水谷製作所ならまとめて受注できることがあるかと思いますので、ご相談をいただければと思います。

クラックが入った鋳造品(金型)をキレイに3Dデータ化するなら水谷製作所まで!