リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

プレゼン用グラフィックに活用するために3Dスキャンデータを作成

CG イメージ

基本情報

地域:
山口県
業種:
デザイン会社
サイズ:
150×100×300mm
材質:
樹脂
納期:
実働半日間
納品データ形式:
STL

山口県のデザイン会社様より、3Dスキャンデータ作成のご依頼をいただきました。

「作成したデザインを実物イメージに近い状態でプレゼンしたい」とのご要望

デザイン会社様は、ある製品にほどこす装飾デザインの考案をされていました。

製品に合うデザインを何パターンか作られ、その中から1つ、最終デザインが決定されます。

実際に市場に出回ったイメージを想定し、リアリティを出すため、実際にデザインをつけたサンプルを提出することが理想ではあったそうですが、1つのデザインに対し1つのサンプルを作ることでは採算が合わないとのことでした。

また、細かい手直しがあると、せっかく作ったサンプルが無駄になってしまいます。

かといって、2Dのデザイン図面だけでは、実際に製品にデザインをつけたときのイメージがしづらいという難点がありました。

そこで今回は、2D(イラスト)でもなく実物でもなく、3Dグラフィックでプレゼンを行うことになり、そのためにデザインの土台となる製品の3Dスキャンを行ってほしいと仰られました。

3Dスキャンデータ(STLデータ)をそのまま活用可能だったので納期も短め

デザイン会社様は、自社でSTLデータ(3Dスキャンしたそのままのデータ)を編集できるソフトをお持ちでした。

プレゼン用の3Dグラフィックも、同じソフトで作成されるそうです。

そのため、今回はモデリング(CADデータ化)までの作業は必要ありませんでした。

デザインを貼り付けする無地の製品の寸法・形状のデータを、3Dスキャナーで取得し、そのSTLデータを納品しています。

3Dスキャンのみの作業でしたので、半日以内の納品が可能でした。費用も3Dモデリングまで行う場合より、かなりおさえられています。

あくまでプレゼン用のデータであり、そこまで精度が必要ないところや、製品自体が複雑形状でなく、スキャンしたそのままのデータで十分活用が可能だったというところも、納期・費用をおさえることができた理由です。

弊社が納品した3Dスキャンデータに、数パターンのデザインをはりつけて、お客様の方でプレゼン用の3Dグラフィックを作成されたことで、平面でデザインを出すよりも、実際に商品として出たときのイメージがしやすくなったのではないかと思われます。

今回のように「3Dスキャンデータだけほしい!」という場合でも、対応可能なことがありますので、ぜひご相談をいただければと思います。

3Dスキャンデータの作成なら水谷製作所にお任せください!