リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

マスキング治具を製作するため塗装を行う部品を表面だけCAD化

塗装 イメージ

基本情報

地域:
三重県
業種:
成型品メーカー
サイズ:
200×80×1500mm
材質:
プラスチック
納期:
実働4日間
納品データ形式:
IGES、STEP

三重県で、様々な成型品を製作しているメーカー様から、CAD化(リバースモデリング)のご依頼をいただきました。

「塗装処理をしたくない部分に被せるマスキング治具を製作する依頼が入った」とのこと

今回のご依頼のきっかけは、成型メーカー様のところに先のお客様から、マスキング治具(マスク治具・マスキングカバー)を製作するオーダーが入ったことでした。

マスキング治具とは、ある部品に塗装を行う際に、塗装を行わなくてもいい部分に塗料が付着しないようにするためにつける治具のことです。

マスキング治具は、塗装を行う部品との間にすき間があいていると、そのすき間から塗料が入り込んでしまい、”カバー”としての役割が果たせないため、とにかく製品にぴったりとフィットさせることが要求されます。

そのため、塗装をする部品の寸法・形状を参考にマスキング治具を製作することになりますが、部品そのものの寸法・形状が分かるデータ(図面)は現状なく、部品の形は複雑でノギス等を用いたアナログ測定では、正確なデータがとれそうになかったので、部品のCAD化(リバースモデリング)を行うことになりました。

CAD化に時間(費用)がかかると想定されたため、部品を表面だけCAD化することを提案

今回CAD化を行う部品は、平面と呼べるような部分はほぼ無く、ほとんど曲線で構成されたものでした。

そのため、モデリング作業も緻密になり、CAD化には相当な時間・費用がかかることが想定されました。

そこで、はじめは部品をまるごとCAD化することを検討されていたのですが、「場所を限定してCAD化した方が納期が早く、費用も安くなるのではないか?」と考え、お客様に提案させていただきました。

お客様に確認させていただいたところ、マスキング治具は、部品のちょうど半分(表・裏でいうと表だけ)を覆うものとのことでした。

ちょうど半分しか覆う必要がないなら、CAD化についても”その部分だけ”行うことでも何とかなりそうでした。

その件をお客様に相談し、ご了承をいただいて、部品の表面だけCAD化することに決定しました。

たわみやすい部品だが、実物と差異をほぼ無くしてCAD化

今回CAD化する部品はプラスチック製で長いので、たわみやすいです。

しかし、きちんと部品にフィットするマスキング治具を製作するために、できるだけ実物との差異がないよう注意し、丁寧にモデリングを行いました。

今回は実働4日間で、3DCADデータを納品することができました。

CAD化の目的をお伺いし、必要な部分だけモデリングするということも可能ですので、ぜひご相談いただければと思います。

部品の表面のCAD化なら水谷製作所にお任せください!