リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

ネジ穴位置などを忠実にダイカスト製品を3Dモデリング

ダイカスト品

基本情報

地域:
愛知県
業種:
自動車部品メーカー
サイズ:
200×300×100mm
材質:
アルミ
納期:
実働6日間
納品データ形式:
IGES、STEP、X_T

愛知県の自動車部品メーカー様より、ダイカスト製品(アルミ)の3Dモデリング依頼をいただきました。

他社製のダイカスト製品に組み合う自社製部品を作るため、まずは現物(ダイカスト製品)を3DCADデータ化したかった

自動車1つの中には、様々なメーカーの部品が組み込まれています。

そのため、自動車部品メーカー様が新しい自動車部品を作る際には、他社製の部品とうまく組みあい、きちんと機能する品質に仕上げることが前提です。

今回、愛知県の自動車メーカー様が持ちこんでくださったアルミのダイカスト製品も、自社製ではなく他社製で、自社でこれから製造する部品に組みあわせるものだそうです。

他社製品なので図面が無く、自社製部品と他社製のダイカスト製品がきちんと機能し合うように、シミュレーションを行うためには、現物(ダイカスト製品)に忠実な3DCADデータが必要でした。

ダイカスト製品の形状はほぼ長方形で、ネジ穴がたくさん開いていた

今回、3Dモデリングを行いたいというダイカスト製品の形状は、ほぼ長方形でした。

長方形というと、部品にしては単純な形状に分類され、モデリングも簡単なように思えるのですが、難しいのはネジ穴が至る所に開いていることでした。

1つ1つのネジ穴が小さく数も多いので、モデリングが大変ですが、後で行う部品の解析シミュレーションの都合上、作成する3DCADデータはできるだけ精巧で、現物に忠実になっている方がいいので、省略せずに3Dモデリングを行っています。

複雑なパーティングラインや抜き勾配も丁寧に3Dモデリング

また、今回のダイカスト製品のモデリングで難しかったのは、ネジ穴だけではありません。

ダイカスト製品を金型から取り外すときに、金型を分割することで出来てしまう“パーティングライン”、金型のくぼみからスムーズにダイカスト製品を取り外すためにつけられているわずかな“抜き勾配”、これら2点も現物に忠実にモデリングしていきました。

ネジ穴の位置・大きさ・数、パーティングライン、抜き勾配、ダイカスト製品のほぼすべての形状に注目してモデリングを行うことになったので、通常の作業よりも時間がかかってしまいましたが(実作業6日間)、何とか弊社自身で納得がいくクオリティの3DCADデータが完成しました。

自動車部品メーカー様にも、出来あがったデータを確認していただきましたが、「想像していたよりもずっと良い状態の3DCADデータで助かります!」と、お褒めの言葉をいただくことができました!

これから、今回作成した3DCADデータ(他社製のダイカスト製品のデータ)と、これまで製造してきた自社製品のデータを組み合わせて解析シミュレーションを行い、自社製品の品質を上げたうえで、他社製のダイカスト製品に合ってきちんと機能する部品を作っていきたいとの事でした。

ダイカスト製品の3Dモデリングなら水谷製作所まで!