リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

樹脂製歯車のヒケをキレイに修正した三次元図面を作成

樹脂製部品 イメージ

基本情報

地域:
神奈川県
業種:
樹脂成型メーカー
サイズ:
600×400×100mm
材質:
ABS樹脂
納期:
実働3日間
納品データ形式:
IGES、STEP

神奈川県の樹脂成型メーカー様より、三次元図面の作成のご依頼をいただきました。

「生産元のメーカーが無くなってしまい、同じ形の歯車が手に入らなくなった」と先のお客様より依頼があった

樹脂成型メーカー様の先のお客様から、「この機械部品(樹脂製で、歯車に似た形)と同じ形状の部品を作ってほしいです。もともと、この樹脂製部品を作っていたメーカーは無くなってしまって、手に入らなくなってしまったのです」と依頼がきたそうです。

歯車に似た形をした樹脂製の部品は、曲線形状が多く、とてもノギスで測定できるものではありませんでした。

もちろん、今ある部品をきちんと測定できなければ、同じ形の部品を作ることは不可能です。

それでも、先のお客様のご要望を叶えてあげたい樹脂成型メーカー様は、色々と社内で検討をされ、その結果水谷製作所のリバースモデリングサービスを活用することにされたそうです。

樹脂製品ならではのヒケ(凹み)は均一に補正することに

樹脂成型品メーカー様が弊社に持ち込まれた樹脂製歯車は、樹脂製品ならではの“ヒケ”という現象が見られました。

ヒケとは、樹脂を成型した際に、成形しているものの表面がわずかに凹んでしまう現象のことを言います。要するに、樹脂製品特有の外観不良です。

ヒケによるわずかな歪みについては、このまま三次元図面にした方がいいか、補正して三次元図面にした方がいいのか、打ち合わせの際にお客様に相談させていただきました。

先のお客様にも確認をとっていただき、今回は樹脂製歯車のヒケ(凹み)をキレイに処理して、三次元図面化することにしました。

「キレイに面の構成が並んだ見やすい三次元図面ですね」と喜びのお声

樹脂製歯車のスキャンは光学式の3Dスキャナーで行い、そこからスキャンデータにそのまま出ているヒケ(凹み)を補正しつつ、3DCADモデリングを行いました。

複雑形状の部品の不要な凹みを補正しつつ、キレイにモデリングするのは難しい作業ですが、何とか納期に間に合い、実働3日間で納品することができました。

樹脂成型メーカー様には、「面の構成がキレイに並んでいて、見やすい三次元図面になっていますね!」と喜んでいただけました。

複雑形状の部品はモデリングが難しいですが、かといって面の数が多すぎたり、つぎはぎのようにすき間をつないで面を入れたりすると、見づらい三次元図面になってしまいます。

そのため、出来るだけ面の構成をキレイに並べてモデリングするようにしているのです。

今回の樹脂製歯車のように、長く使用している部品は、製造元のメーカーが無くなってしまっているというケースも少なくありません。

「もう1つ同じ物を作りたい」また「作ってほしいと依頼された」時に、元となる部品の三次元図面化のことでお困りでしたら、ぜひ水谷製作所にお問い合わせください!

歯車の三次元図面化なら水谷製作所まで!