リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

鋳物金型の増型のために使用中の鋳物金型を3Dモデリング 大阪府

金型加工イメージ

基本情報

地域:
大阪府
業種:
金型製作メーカー
サイズ:
400×600×80mm
材質:
アルミ
納期:
実働3日間
納品データ形式:
STEP、X_T

大阪府の金型メーカー様より、鋳物金型の増型のために、使用中の鋳物金型の3Dモデリングを行ってほしいと依頼がありました。

古い鋳物金型は増型しようにも図面が無い・図面と現物の形状が違うことが多い

金型メーカー様の先のお客様が、鋳物で出来ている古い金型(現在使用中の金型)を持ちこまれて、「これと同じ形状で、増型してほしいです!」と希望されたそうです。

しかし、増型に必要となる鋳物金型の図面は、無かったそうです。

古い鋳物金型の場合、そもそも図面を作っていなかったり、探したけれど見つからなかったり、図面はあるけれども、手加工による微調整を繰り返して参考にはならないケースがかなり多いです。

鋳物金型の増型は機械加工で行うので、現物(鋳物金型)の形状に忠実な3Dモデリングを行うことが必要だった

今回、鋳物金型の増型は、機械加工による削り出しで行うことになったそうです。

ただ、単純にキレイな形状で削り出しを行えばいいということではなく、“使用中の鋳物金型と同じ形状で削り出す”必要がありました。

使用中の鋳物金型と同じ形状で作らなければ、新しい金型で出来あがってくる部品と、使用中の金型で出来あがってくる部品の形状や寸法に、ズレが生じてしまうためです。

そのため、まずは使用中の鋳物金型の形状に忠実なデータを作ろうということになりました。

※当初は、ノギスやゲージなどを使用して、金型を頑張って手作業で測定しようということも検討されたそうですが、正確に測定できる可能性が低く、間違った寸法・形状のデータが原因で商品トラブルになってしまうことを危惧されたため、「3Dモデリングを外注しよう」と決まったそうです。

機能上関係なさそうな凹凸(ぶつけた跡や摩耗による凹みなど)は修正して、3DCADデータを納品

使用中の鋳物金型の形状・寸法に忠実な3Dモデリングを行うことが前提の依頼ではありましたが、出来あがってくる部品の品質には、全く関係しない箇所に凹凸などが見られました。

金型の角がどこかにぶつかり凹んでいたり、摩耗して凹んでいる部分などです。経年劣化によりRが若干だれている(へたっている)部分も確認できました。

そこで、金型メーカー様との打ち合わせの際に、製品の品質には影響が無い部分の凹み等については、3Dモデリングでどうするか確認させていただいたところ、「そこはモデリングの過程でキレイに均してもらえると助かります!」ということでしたので、そのようにさせていただくことになりました。

そして、実働3日間で3DCADデータを納品できました。

金型関係の3Dモデリングの外注依頼を相談されるケースは、この事例以外にも多々あり、「同じ形状の金型を増型したい!」とご要望されることも多いですが、ただ現物ままのデータを作るだけではなく、機能上関係なさそうなら、より使いやすくキレイな金型作成の元となるよう、修正・加工の提案をさせていただくこともあります。

鋳物金型の3Dモデリングのことなら水谷製作所におまかせください!