リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

三次元測定で部品の形状データを取得し金型製作に活用

フィットするカバー イメージ

基本情報

地域:
兵庫県
業種:
プラスチック製品メーカー
サイズ:
220×300mm
材質:
アルミ(金型)
納期:
リバースモデリング実作業1日間
納品データ形式:
3DCADデータ化のち、金型まで製作して納品

兵庫県のプラスチック製品メーカー様より、ある部品の形状を三次元測定、およびそれを基にした金型の製作のご依頼をいただきました。

お客様の方で、ある家電製品の防護カバー(ぴったり沿う、フィルムのようなイメージ)を製作されることとなり、その防護カバーは、「できるだけ商品にフィットするものが求められる」というお話でした。

フィッティングさせる家電製品の寸法や形状が分かるような、3DCADデータ等はお持ちではなかったので、その家電製品の実物を基に、3DCADデータから作成して、金型製作に活用することになりました。

丸みを帯びた測りにくい部品だったので、アナログではなく3Dスキャナーで三次元測定

お客様が製作予定の防護カバーは、家電製品のある一部品に取り付ける予定のものです。

その一部品は、曲面で構成された丸い形状をしていたので、アナログ計測だと時間がかかり、測定精度も落ちてしまいます。

“できるだけ、部品にフィットするカバーを作るための形状データが必要”だったので、アナログ測定により測定精度が落ちてしまうことは問題です。

そこで今回は、非接触型光学式の3Dスキャナーによるスキャニングで、家電製品の形状データを取得していきました。

※もっと複雑な形状の部品だと、3Dスキャナーを使ってもわずかに測定にズレが出ることがありますが、それでも三次元測定はアナログ測定に比べると、現物の形状の再現性が高く、精度的にも信頼できます。

三次元測定で取得した部品の形状データは、CAMソフトに対応させるためマニュアル手法でモデリング

3Dスキャニングによる三次元測定を行って、取得した家電製品部品の形状データは、CAMソフトに対応させるために、マニュアル手法でモデリングしました。

CAMソフトは、機械加工用のプログラムを作成するためのソフトで、今回のように、金型まで製作したいという場合にも活用されるものです。

“実物の形状に忠実な3DCADデータ化”ということなら、オートサーフェイス手法でも不足はないのですが、CAMソフトにかける場合は、オートサーフェイス形式のCADデータだと、プログラムの作成にあたり不具合が出ることがあるので、ほとんど使いません。

マニュアルモデリングの3DCADデータを作成後、CAMで金型製作用の加工プログラムを作り、実際に金型を製作・納品して、今回のご依頼は完了です。

高精度な三次元測定を活用したことで、家電製品の部品にフィットするカバーを生産できる、良い仕上がりの金型を製作することができました。

アナログ測定では難しい部品の形状を三次元測定するなら水谷製作所リバースエンジニアリング.comまで!