リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

3Dスキャンを活用して加工前後の金型を比較検査

鍛造 金型 イメージ

基本情報

地域:
愛知県
業種:
自動車部品メーカー
サイズ:
約200×250×200mm
材質:
納期:
実作業各1日(加工前・加工後)
納品データ形式:
PDF(カラーマップ)

愛知県の自動車部品メーカーからいただいた、3Dスキャンを活用した金型の比較検査事例です。

お客様のメーカーで製造している自動車の部品は、鍛造品(金属を叩いて成形したもの)で、それを製作するための金型も自社製作をされていて、今回はその鍛造用の金型製作をしている部門からご依頼いただきました。

「焼き入れ前後の金型の比較をしてほしい」とのご要望

鍛造用の金型は、上から叩いた時の衝撃に耐えるため、強度が必要でした。

そのため、出来た金型はマシニングセンタで切削加工をした後、焼き入れ加工を行います。

何となく想像はつくかも知れませんが、鉄製の金型に熱を加えると、微妙に形状や寸法が変わります。

今回はお客様の方で、焼き入れ加工の前と後で、どのくらい形状や寸法に変化があるのかを調べて、自動車用部品の品質に影響があるのかどうか判断したいとのことでした。

鍛造用の金型は自由曲面形状で、アナログ測定は不可能でしたので、水谷製作所の持つ3Dスキャンを使った3次元測定を行わせていただきました。

3Dスキャンを活用した比較検査の結果はカラーマップで表すことを提案

お客様の会社では、今回のように3Dスキャンの技術を活用する比較検査は、始めて行われるとのことでした。

ですので、金型の比較検査を行うにあたり、「どの部分の数値が重要なのか」が全く分からないとのことでした。

「この部分だけ分かればいいです」と、お客様から具体的に指示をいただき、その部分の寸法偏差のみを提出させていただくパターンもありますが、今回はそうもいきません。

そこで今回は、金型の全体的な寸法偏差が見た目(色の差)で分かる、カラーマップの作成を、実際にサンプルをお見せして提案させていただいたところ、「それ(カラーマップ)でお願いしたいです!」とご了承をいただきました。

実作業各1日の短納期で比較検査結果(カラーマップ)を納品

理由は詳しくお伺いしておりませんが、3Dスキャンを活用した比較検査の結果は、かなり急ぎでほしいとのご要望でした。

そこで、焼き入れ加工前の金型を3Dスキャンしてデータを取得した後は、その日のうちに、一旦金型をお客様に返送しました。

そして、お客様の会社で金型に焼き入れ加工を行った後は、再度弊社まで金型を送付していただき、3Dスキャンを行って、金型の焼き入れ前後の寸法偏差を表したカラーマップを作成しました。

その後、お客様の方で比較検査の結果を検証されたそうです。

3Dスキャンを活用した比較検査は、自由曲面が多い形状の部品でも行えて、短納期であることがメリットです。

今回のお客様のように、3Dスキャンを活用する比較検査を行うのが始めてで、分からないことも多いということであれば、打ち合わせで詳しくご説明をさせていただきますし、分かりやすいデータ形式(カラーマップ)での納品を提案させていただきますので、安心してご相談ください。

3Dスキャンを活用した比較検査なら水谷製作所まで!