リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

樹脂成型品を3次元測定後にCADデータ化

樹脂成型品

基本情報

地域:
神奈川県
業種:
機械メーカー
サイズ:
約200×300×50mm
材質:
PE(ポリエチレン樹脂)
納期:
実作業1日間
納品データ形式:
IGES、STEP

図面通りに出来上がらなかった成形品を3Dスキャン

神奈川県の機械メーカー様からのご依頼で、「樹脂の成形品が図面通りに仕上がらず、そのままの成形品に治具(製品の加工や組み立ての際に、部品を位置決めし固定するための器具)を付けようとしてもうまくフィットせず、きちんと機械に固定することができない」というお悩みでした。

「(樹脂の)成形品が図面通りにあがらない!」というのはよくあることで、その場合はあらかじめ用意していた治具できちんとセッティングすることが出来ない場合があります。成形品を作り直すことが出来なければ、治具の方を成形品に合わせて新しく作る方法があります。

そこで今回は、図面通りに完成してこなかった樹脂の成形品を3Dスキャンし、複雑な曲面はもちろん高さや奥行きなど、合わせて作り直す治具の参考になるように、正しく寸法を測定しています。

手作業で測るには大変な手間がかかる細かい歪みも、3Dスキャンを行うことで正しく、早くデータとして取り込むことができます。

樹脂成形品の3DCADデータを1日で納品

作業の流れとしては、お客様にご依頼を頂いてから、お悩みの点やご要望をヒアリングし、どのような形のデータで納品するか等の打ち合わせを行いました。その後、実際に樹脂の成形品を3Dスキャンしてデータを取り込む作業を行いました。

今回は複雑なデータの編集などの操作がなかったため、実作業時間は1日間で納品することが出来ました。

樹脂成形品の3DCADデータを納品後、お客様の方で新しい治具を設計しなおし、きちんと成形品に合う治具を製作されたそうです。

今回は「現物に合った新しいデータをお作りする」という趣旨のご依頼ですが、例えば設計図と出来上がった製品にズレや歪みがないかなど、検品・検査が目的で依頼される方もいらっしゃいます。

図面通りに出来上がってこなかった製品のサイズを、3Dスキャンを使うと早く正確にデータ化することができます。(データ形式はIGES、STEPなど様々対応していますので、お問い合わせや打ち合わせの際にご相談ください)。

3Dスキャンは複雑な自由局面をもつ部品の再現データ化にも秀でていますので、ぜひ1度ご相談ください。

3DCADのことなら水谷製作所まで!