リバースエンジニアリング.com

PCサイト

リクルート

戻る

設備紹介

3Dスキャナーを使って3DCADデータ作成のコストを大幅削減

ゴルフクラブ 3Dスキャン

基本情報

地域:
兵庫県
業種:
ゴルフクラブメーカー
サイズ:
約100×100mm
材質:
金属(ゴルフクラブ)
納期:
2日
納品データ形式:
IGES

3Dスキャナーでゴルフクラブのヘッドの3DCADデータを作成

ゴルフクラブメーカー様より、ゴルフクラブのヘッドの測定データがほしいとのご依頼を頂きました。お借りしたアイアンのヘッドの現物を3Dスキャナーで測定し、3DCADデータに変換しました。

ゴルフクラブ 現物

アイアンのヘッドの表面と裏面をそれぞれスキャンし、専用ソフトでモデリングを行うことで、3DCADデータ化しています。

3DCADのデータ化にかかっていたコストを大幅に削減

今回ご依頼頂いたのは、ゴルフクラブの製作、販売を行われている有限会社藤本技工様(兵庫県神崎郡)です。

藤本技工様ではこれまで、ゴルフクラブのヘッドなどを3DCADのデータを作成する際に、手で実際に現物を計測してデータに落とし込まれていたとのことです。

細かな凹凸があるゴルフクラブのヘッドのサイズを手で測り、さらにその計測結果を3DCADのデータに落とし込むのは時間がかかる大変な作業だと思います。

3Dスキャナーで測定することで、時間を大幅に短縮することができ、より高い精度で3DCADのデータを作成することができます。

作成したサンプルデータを基にゴルフクラブのヘッドを製品化

3Dスキャンをして3DCAD化したデータは開発用に使用することが出来ます。

藤本技工様では、ゴルフクラブのオーダー販売も行われていますので、お客様の要望に合わせたゴルフクラブを製作する際の元データとして使用されるとのことです。

弊社で作成したリバース3DCADデータを基に、藤本技工様で実際に切削加工が可能な製品3DCADデータを作成されました。

このように、1つのリバースデータを作成することで、量産化につなげたり、オーダーメイドの製品の基本データとすることができます。

作成した3DCADのデータの加工も行います

藤本技工様では、測定したデータをベースに、加工可能な3DCADのデータを作成されていましたが、加工可能な3DCADのデータの作成までを水谷製作所にご依頼頂くこともできます。その場合は、寸法や形状、加工手法などのご要望をお聞きして、3DCADデータ作成作業を進めていくことになります。

図面がないサンプル品も3Dスキャナーでデータ化できます

図面やデータが存在しないものやサンプル品であっても、3Dスキャナーで測定することによって、3DCADのデータを作成することができます。さらにそのデータから3Dプリンターを使用して同じ形状のものを再現することができます。

これが、リバースエンジニアリングの手法です。

モック品(試作品)や量産前の製品を3DCADのデータにしておくことで、データの補正やシミュレーションが容易にできるようになります。

ゴルフクラブ 3Dスキャン

今回の事例では、鍛造のゴルフクラブが対象でしたが、様々な材質のものを取り扱うことができます。

「これも3Dスキャナーでデータ化できるかな?」と思うようなものがありましたら、水谷製作所までお問い合わせください。

3DCADのデータ作成は水谷製作所へ!